TOPへ

赤ら顔(酒さ・毛細血管拡張症)

赤ら顔の特徴と症状

赤ら顔の症状にお悩みの方がいらっしゃいます。お化粧を落としても顔が真っ赤なので、見た目を気にされる患者さんも少なくありません。

赤ら顔の病態にはいくつかの種類があります。

  • 病型紅斑毛細血管拡張型
    → 顔の赤みと毛細血管拡張が生じる
  • 丘疹膿疱型
    → ニキビのようなブツブツや赤みが生じる
  • 鼻瘤型
    → 鼻の皮膚が凸凹と肥大し、毛穴が目立つ
  • 眼型
    → 眼の周りの脹れ、結膜炎や角膜炎が起こる

また、赤ら顔は

  • アトピー
  • ニキビ
  • 酒さ
  • 酒さ様皮膚炎
  • 肝疾患 など

様々な疾患によって起こることがあります。

酒さ、酒さ様皮膚炎

赤ら顔のなかでも近年多いのが、「酒さ」や「酒さ様皮膚炎」とよばれる病態です。

酒さは頬やあごにできる病態で患部に赤い静脈が浮き出るのが特徴的です。ドイツ語ではローザツェア(小さなバラの花びら)と名付けられています。

酒さは中高年の女性に多い疾患で、

  •  赤ら顔
  • ほてり感
  • ピリピリ感

に悩まされることがあります。

 

赤ら顔の原因

酒さによる赤ら顔の原因

酒さは皮膚の血管運動機能の障害によって発症します。しかし、なぜ機能障害が起こってしまうのかという原因は未だ明らかになってはいません。一方で、これまでの臨床病態の観察からいくつかのリスク要因が指摘されています。

酒さの発症要因

大きく外部環境によるものと、内部環境によるものに分けられます。

外部環境による影響
  • 紫外線
  • 高気温や低気温 など
内部環境による影響
  • 精神的ストレス
  • 飲食物(香辛料やコーヒー)
  • そのほかの生活習慣(喫煙、アルコール) など

上記のような、多様な要因がいくつか重なって酒さを発症すると考えられています。

酒さ様皮膚炎の原因

ステロイドを顔に長期外用することで、酒さのように赤みや丘疹、膿疱が生じます。

 

赤ら顔の治療と改善

酒さの治療

皮膚科では、抗生物質の内服や外用薬、レーザー治療(保険適応外)を用いて治療をします。

酒さと自律神経の乱れ

顔の皮膚は消化管と同様に自律神経系でコントロールされているため、消化管に炎症は顔の炎症にも影響します。

酒さの患者さんは胃炎や過敏性腸症候群、腸内毒素症(腸内フローラの過剰な乱れにより起こる病態)を患っていることが珍しくありません。そのため、食生活によって腸内環境を良くすることで酒さが改善する場合もあります。

酒さ様皮膚炎の治療

酒さ様皮膚炎の場合、ステロイドを中止することで改善していくことが多いですが、酒さはご自宅でのセルフケアだけでは改善できないことが多く、その場合は医療機関での治療が必要です。

皮膚科では、酒さと同様に抗生物質の内服や外用薬、レーザー治療(保険適応外)を用いて治療をします。

 

赤ら顔のレーザー治療